WEBプログラマー年収

WEBプログラマーの仕事内容

WEBプログラマーの年収|未経験から始めてアップさせていく方法

 

未経験からWEBプログラマーを目指しているけど、年収ってどんなもの?

将来的に1,000万円も目指したいな!

 

本記事の内容

  • WEBプログラマーの年収250万円〜|プログラマーのままでは年収は頭打ち
  • WEBプログラマーの年収を決める要素
  • 年収をアップさせる方法

 

はじめに本記事を書いている僕の経歴(年収)を簡単にご紹介しておきます。

未経験でIT企業入社(250万円〜300万円/年収)

→IT企業を2社転職(最終500万円ほど/年収)

→30歳になってWEB系企業を2社をほど経験(最終600万円ほど/年収)

...現在WEB系のフリーランスとして活動中。

 

僕の経験で言うと、未経験からWEB系のプログラマーになり、大卒で初年度の年収は250万円〜300万円ほど。

初任給に関しては、他の業種とあまり変わらないと思います。

 

しかしそれ以降の、WEBプログラマーの年収はコレだ!とは決して断言できません。

理由は、プログラマーのスキル、入った企業規模や案件、クライアントの企業規模にも左右されるからです

 

また、WEBプログラマーとして将来1,000万円稼げるかというと厳しいです。

余程の経験と実績、技術力を持ち合わせているか、掛け持ちで案件を抱えていないと1,000万円には到達できません。

とはいえ、不可能ではないことは事実です

 

本記事では、僕の経験などを踏まえてWEBプログラマーの年収や、将来的に年収をアップさせる方法などについて解説していきます。

 

1.WEBプログラマーの年収は250万円〜|プログラマーのままでは年収は頭打ち

未経験からWEBプログラマーになると初年度年収は大体250万円〜が相場ですね。

それ以降の年収については、スキルや企業規模などさまざまな要素によって決まるので、コレとは断言できません

 

ではこれから、未経験でIT企業からはじめた僕の年収などを、時期を追って解説していきます。

 

未経験からIT企業へ|250万円〜300万円

IT企業当時の初年度年収で250万円〜300万円です。

(おそらくWEB企業であってもそんなに差異はないかなという感じです)

 

で2年後はというと、10,000円/月ほど昇給した記憶があります。

しかし、3年後は昇給がなく据え置きでした。

 

スキルに伸び悩んでいた時期かなと思います。

 

30歳|最終500万円

他のIT企業へ転職したときには、さまざまなスキルを身につけました。

また、クライアントも公共であったり、大手のITベンダーのもとで仕事をしてきました

 

もちろん仕事も大きくそれだけ忙しかったですけど、残業代も加えると当時のIT企業での最終年収は500万円ほどです。

 

でもこの頃から、WEB系の仕事に興味をもち始めた頃なんです。

今の年収を維持できるかどうか分からなかったのですが、やりたいことをしたいと思いWEB業界に入社しました。

 

なるべく、年収は現状維持(500万円)したかったので、その要望を聞いてくれたWEB企業に転職しました。

 

38歳|最終600万円

最終的にWEB企業を辞める頃には年収600万円というところです。

WEB業界ではプログラミングの他にも、クライアントと打ち合わせしたり、ディレクションやプログラマーの管理などをしていました

 

プログラマーだけやっていた時に比べて+100万円の年収アップですね。

ただ、この+100万円(年収600万円)が会社として出せる精一杯の金額だと言われて、正直やりがいがないなと思いました。

 

会社としては、他の社員(エンジニア)とのバランスも考慮しないといけないらしく、一人の社員(エンジニア)だけ突出した金額は出せないとのことです。

 

そこで、フリーランスとして活動していくことを決意したわけです。

 

2.WEBプログラマーの年収を決める要素

  1. 個人のスキル
  2. 企業規模
  3. 案件

 

これまで僕のプログラマーとしての年収の変遷を書いてきましたが、多分この600万円という金額が頭打ちだと思いました。

理由は上記3つでして、会社での雇われプログラマーでは年収の限界があることを知りました。

 

1.個人のスキル|必須

まずは個人のプログラミングスキルを身につけることが必須です。

スキルがあれば、年収交渉にも持ち込みやすくなるからです

 

しかし、いくら個人のプログラミングスキルが高いからといって、年収は高くなるという保証はありません。

 

なぜなら、スタートアップなど会社がまだ小さかったりすると、会社規模を大きくさせることの方が優先となります。

ですから、社員(プログラマー)の年収をアップさせることは二の次になってしまいます。

 

たしか2度目の転職先はスタートアップ企業でして、資金がそれほど潤沢ではありませんでした。

なので、賞与がもらえるのは入社3年目からでした。

 

スキルアップに比例し、年収も増えるという考えは必ずしも持たない方が良いですね。

とはいえ、年収交渉するには個人のスキルアップは必要ですよ。

 

2.企業規模|大きい方がよい

企業規模が大きいと、抱える社員(プログラマー)も多く、自ずと取引クライアントも多いです。

仮にクライアント1社の業績が悪くなったとしても、他のクライアントがいますから会社としては致命傷ではありません

 

しかし、小さな企業であると話は別です。

取引するクライアントが少ないですから、クライアント1社の景気により、自社の景気も影響されやすいです。

 

僕は割と小さなWEB会社にも所属していましたが、クライアントの業績が悪くなると、賞与や給与に敏感に反応していました。

クライアントが景気に左右されやすい業種であると、賞与などは低かったですね。

 

大きな企業で歴史があると、多少の景気悪化でも小さな企業に比べると、社員の待遇もそう悪くはなりませんよ。

 

3.案件|大きいほうがよい

企業が獲得した案件が大きいと、それだけ企業に入る報酬も大きいです。

ですから、社員(WEBプログラマー)への対価も大きいものとなります

 

逆に小さな店舗のWEBサイトばかり請け負っている企業だと、入ってくる報酬も小さいので給与も期待できません。

 

県などの公共事業は利用者も多くなりますから、仕事(案件)も大きいです。

こうした県や大企業案件を継続獲得できる企業だと、社員(プログラマー)の年収も多くなりやすいですね。

 

...以上、プログラマーの年収を決める要素3つを僕の経験から解説してきました。

「スキル」「企業規模が大きい」「大きな案件」という3つの要素を満たすと、年収は高くなる傾向だと感じました

 

しかし、「企業規模が大きい」「大きな案件」ということは、実際に会社に入ってみないことには分かりません。

でもただ一つ言えることは、自身の「スキル」を伸ばすこと!

「スキル」さえあれば、会社に依存しない働き方や、年収もアップさせやすいですよ。

 

3.WEBプログラマーとして年収をアップさせる方法

結論を言うと以下4つです。

  1. プログラミングスキルを伸ばす
  2. SEやディレクターとしてのスキルを身につける
  3. 他のIT企業やWEB企業に転職する
  4. フリーランスを目指す

 

順番に解説していきます。

 

1.プログラミングスキルを伸ばす

WEBプログラマーとして、プログラミングスキルを伸ばすことは必須です

いつまでも古い技術ばかり使っていては、仕事も貰えないです。

 

最近では、WEBに詳しいクライアントもいますので「知らない」では仕事も取ってこれません。

 

また、転職する際にも最近のプログラミングスキルがあるかどうか見られています。

そこで、古い技術ばかりだと転職することも難しくなりますよ。

 

最新の技術動向に常にアンテナを張り、しっかりと最新技術を使えるようになっておかないといけません。

 

>>未経験にオススメ!WEBプログラミング学習サイト|無料あり

>>未経験の方のためのWEBプログラミングスクールおすすめ5選

 

2.SEやディレクターとしてのスキルを身につける

プログラミングスキルを磨いていくことも重要です。

ですが、さらに年収アップを目指すならディレクターとしてのスキルも身につけるべきです

 

僕の経験でもあるように、WEBプログラマーはプログラミングができてあたりまえといった企業の思いがあるんです。

年収を増やしたいなら、プログラミングに加えてさらに付加価値をつけていくことが必要です。

 

クライアントと打ち合わせし仕事を取ってきたり、プログラマーの管理などできると年収アップも可能です。

 

3.他のIT企業やWEB企業に転職する

一つの会社に留まらず、さまざまな企業に転職しましょう。

なぜなら、一つの会社にいるとスキルが偏ってしまい、他のスキルが身に付きにくいからです

クライアントはある程度固定化されますから、同じような仕事ばかりになってしまいます。

 

僕は、これまで4回ほど転職してきましたが転職をすることで、未知のスキルも習得できました。

 

一つのスキルを完璧に身につけることも重要ですが、他のWEBスキルを身につけることも仕事の幅が増えることに繋がります。

 

>>WEBプログラマーおすすめ転職エージェント|既卒・新卒・第二新卒

 

4.フリーランスを目指す

さまざまなスキルを身につけることで、フリーランスとしてもやっていけます。

フリーランスともなれば、得る収入はあなた自身で決めることができます。

 

また、フリーランスエージェントを利用することで、エージェントがあなたに合った仕事を探してくれます。

しかし、スキルがないとそれだけ仕事の幅が狭くなり、仕事を選ぶどころか、紹介も難しくなりますね。

 

でもたくさんのスキルがあれば、仕事を選ぶことだって可能なんです

 

「週3案件」を2つ掛け持ちで月収100万円(年収1000万円)も可能!

フリーランス掛け持ち月収

 

上図のとおり、1案件だけでなく、2案件と掛け持ちしていけば年収だって大幅にアップしますよ。

でもそのためには、やはりプログラミングスキルは欠かせません

 

いかに効率よくやっていけるかが仕事をこなすキーポイントですので、まずはプログラミングスキルを身につけるべきですね。

>>未経験の方のためのWEBプログラミングスクールおすすめ5選

 

まとめ|高収入を得るためにはまずはWEBプログラマーになろう!

最後に要点をまとめて終わりにします。

 

WEBプログラマーの年収は、未経験で250万円〜300万円がスタートです。

その後は企業規模や、請け負う案件、自身のスキルによりその年収にはバラツキがあります。

 

しかし、いつまでもプログラマーのままでいてはいつかは年収の頭打ちとなってしまいます。

ですから、転職など経験し他のITスキルを身につけたり、上位であるSEやディレクターといった管理スキルを身につけることが年収アップさせるポイントです

 

スキルさえあれば、フリーランスで複数案件もこなせますから年収1000万円も不可能ではありませんよ。

なので、まずはプログラマーとしての第一歩を踏み出しましょう!

WEBプログラマーにおすすめな転職エージェント3つ
WEBプログラマーおすすめ転職エージェント|既卒・新卒・第二新卒

続きを見る

 

-WEBプログラマーの仕事内容

© 2021 マー坊WEB